GENERAL HEAD MOUNTAIN GENERAL HEAD MOUNTAIN

春を真似て綴る。
ツアーは終わりましたが、気が付けば大阪にいます。
ツアーの反省会的文章はまた落ち着いてからにして、と書いてしまえば「久しぶりの更新のくせに何を書きたいわけよ、ナルシストくそロン毛」となるのも承知しておりますが、リハーサル後に本番までの時間を持て余している事と、なんとも天気が良く気分までも晴れている事に加え、体調がすこぶる良好だと言う奇跡も重なっての駄文。
それ故「春の木漏れ日のせいなのね、このお馬鹿さん」とアナタの寛大な心にどうにか着地したいと願う夕暮れ前のライブハウス、楽屋横の喫煙所からおじゃまします。

本日は「叫ブ詩人ノ会」と言う名のイベントに参加させて頂くのだが、もう名前から言って「僕、松尾って言うんですけど、まだまだくそガキですが誰よりも想像力を解放さしてもらいやす」めいた気持ちですでに高ぶってます。
イベント名に恥じない様に、僕が今まで書いた作品の中でも爆発力と刹那と愛と温もりをこれでもかと纏った曲達で空気を作ろうと考えています。
楽しみです、よろしくお願いします。

宮崎に久しぶりに帰ったのですが、桜に緑が混ざりだしている様子。
「今年も花見できなかったなー」と仲間達に話した所「どーせ花なんて見てないだろ、お前」と的確な言葉を頂戴し、ならばと河原でのバーベキュー決定に心躍る、オドル。

時間には限りがある。
それさえも忘れさせてくれるような曲を作ろう。
もっと美しい世界を見たいし、見せたいし、未来に手を伸ばすだけ伸ばしては大きく笑って小さく泣いてこそ忘れて行く素晴らしい日々がこれからも続くように。

春ですね。
またいつか、逢えるといいですね。
どうか、お元気で。
[PR]
by sekennosukima | 2010-04-09 17:33
<< 季節を越えて。 新宿線から現実行き。 >>